会社案内 求人情報 サイトマップふそうケアサービスのケアプラン作成の概要をご紹介します

ケアプランの作成概要【рO42−549−0960】

HOME > 介護事業部 > ケアプランの作成 > ケアプランの作成概要

このページでは、ふそうケアサービスのケアプランの作成の流れや概要について、ご案内します。

ケアプラン作成の流れ

ふそうケアサービスのケアプラン作成に必要な流れをご紹介します。在宅サービスを利用するためには、ケアプラン・介護予防プランの作成が必要です。

要介護認定申請

介護保険を利用するには、市区町村に申請して認定を受ける必要があります。
ふそうケアサービスでは、要介護認定申請をご利用者さまやご家族に代わって、申請手続き承ることも可能です。

↓

認定調査・医師の意見書

市区町村の職員などが自宅を訪問し、心身の状況について本人や家族から聞き取り調査を行います。聞き取り調査は全国共通の調査票にもとづき、基本調査、概況調査、調査員による特記事項の記入を受けます。
また本人の主治医に心身の状況についての意見書を作成してもらいます。

↓

審査・判定

認定調査の結果と医師の意見書をもとに、保険、医療、福祉の専門家による「介護認定審査会」で審査され、介護を必要とする度合い(要介護状態区分)が判定されます。

↓

認定後、ケアプランの作成

認定後、ケアプランの作成「要介護1〜5」「要支援1〜2」を判定後、認定します。認定後、ご利用者さまの状況に応じ、ケアプランを作成します。支給限度額以内のサービスについては費用の1割が自己負担、支給限度額を超えた場合は超過分を全額自己負担とします。

ケアプラン作成

「要介護1〜5」「要支援1〜2」と区分に応じたケアプランを作成します。ケアプラン作成は介護保険制度から全額給付されるので、自己負担はありません。それぞれご利用者さまの状況にあわせ、自立を支援するための具体的な目標を設定したケアプランを作成します。

サービス提供事業者との連絡調整

ケアプランに沿ったサービスのご利用ができるよう、サービスを提供する事業者の情報をお知らせします。また、ご家族やご本人を交えての話し合いの場を事務所と連絡調整して設定します。

PAGE TOP

昭島市、青梅市、立川市の賃貸情報のことなら 扶桑管理サービス株式会社 HOME 高齢者専用住宅 お部屋探しリクエスト お問い合わせ